インプラントとは

インプラントとは

「歯が大きく破損してしまった」
「抜けてしまった」
「歯周病が進行して自分の歯を維持するのが困難になった」

インプラントはこのようなお悩みを抱えている方におすすめしています。顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯をつける、その一連の流れをインプラント治療と呼びます。骨に固定させるのでとても頑丈で、天然歯のような見た目と機能を兼ねそなえることも可能になります。
患者さんの体や顎骨の状態を検査し、治療に耐えられるかどうかを判断してから施術します。
一度埋めたインプラントはお手入れが大切になります。いつまでもまるで自分の歯のようにお使いいただく為に、定期的なメンテナンスをオススメしています。

当院では、優れた4種類のインプラントシステムを揃え、その中から患者さんに最適なインプラントシステムを選択し施術を行っています。

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯と同じように会話や食事ができる
  • 見た目を損なうことなく、審美性に優れている
  • 他の治療法に比べて長持ちする傾向にある
  • 周りの歯に負担をかけることがほとんどない
  • 外して掃除をしたりといった手間がない
  • 歯磨きと定期メンテナンスを行えば長期的に使える

インプラント治療のデメリット

  • 外科手術が必要
  • 顎の骨の状態によっては手術困難な場合がある
  • 他の治療法に比べて治療期間が長い
  • 他の治療法に比べて費用が高い

治療の流れ

予約

当院は予約優先制となっております。急患も随時受け付けておりますが、待ち時間を少なくするため、事前にお電話でご予約されてからのご来院をお願いします。

矢印

検査

口内の状態を詳しく調べます。CTスキャンで骨の形や量を検査し、インプラント治療が可能か診断します。

矢印

カウンセリング

インプラント治療にはいくつかのメニューがございます。検査を通して、患者さんに合った治療法をいくつかご提案します。患者さんのご要望を伺いながら治療計画を立て、治療期間や費用についてなども細かくご説明します。

矢印

手術

局所麻酔後、歯茎を切開、顎の骨にインプラントを埋め込みます。歯茎を縫合して手術終了です。必要に応じて仮歯を取り付けます。

矢印

術後

個人差はありますが、インプラントが顎の骨と結合するまで1ヶ月半から4ヶ月かかります。定期的に検査をして経過を診ていきます。

矢印

人工歯の装着

インプラントと顎の骨が結合したことを確認できたら、作成した人工歯をインプラント上に接続します。これでインプラント治療の完了です。

矢印

メンテナンス

インプラント自体は長持ちする素材ですが、周りの組織が衰えてしまったら支えられなくなり、インプラントを使い続けることは困難になります。そうならないために、日々の歯磨きは心がけてください。正しい磨き方を指導します。またホームケアと並行して、定期検査を受けるようにしてください。目安として、3ヶ月から6ヶ月に1回のペースが理想的です。歯の周辺組織の検査だけでなく、噛み合わせについても検査します。人工歯は天然歯と違って自然な調整ができない分、咬合バランスのズレを細かに調べて正す必要があります。

医療法人 佐々木歯科医院 オッセオインプラントセンター TEL:045-881-0436
top_img08_sp.png
インプラントに関する特殊な治療法 充実した院内設備 治療料金のご案内 医院紹介 スタッフブログ SJCD TOKYO SJCD 医療法人 佐々木歯科医院 オッセオインプラントセンター