インプラント紹介

インプラントメニュー

当院で主に使用しているインプラントをご紹介します。

ジンマースプラインインプラント

歯を抜いてすぐに埋め込むことができる抜歯即時埋入タイプのインプラントです。ハイドロキシアパタイトと呼ばれる素材でコーティングされており、従来のチタン製インプラントに比べて骨との密着が早いことで知られています。1日で手術が完了するため患者さんの負担が最小限で済み、また骨量の乏しい方にも定着しやすい傾向にあります。

ストローマンインプラント

臨床実績は格段に多いので、他のどの種類よりも安全かつ確実性があります。様々な状態に対して使用できる柔軟性の高さが自慢で、2次オペの必要がない1回法インプラントを当院では用いています。

ノーベルバイオケアインプラント

全世界で利用されている最も歴史の古いインプラントの1つです。

 

デンティウムインプラント

インプラントの表面形状がSLAで、強固に骨と密着し、骨吸収も少ない傾向にあります。

暫間インプラント

直径の細い応急用のインプラントです。後々機能させる主要インプラントが骨と密着し安定するまでの間、この暫間インプラントに頑張ってもらいます。暫間インプラント上に仮歯を入れることで、審美性にも問題がない状態を維持することができます。最終的には暫間インプラントは抜き、安定した主要インプラントに人工歯を入れ完了します。

他にもいくつものインプラントメニューをご用意し、患者さんの希望やお口の状態から判断して、最適なものを提案します。

インプラントに関する特殊な治療法

インプラントに関連して、当院では次のような治療法を採用しています。こちらも患者さんと念入りな相談の上、どの方法を実行するかを決めます。

切らないインプラント治療

通常のインプラント治療では歯肉を剥離してからインプラントを埋入しますが、患者さんによっては歯肉を剥離せず、小さな穴を開けるだけで埋め込みが完了する場合があります。これをフラップレス術式といいます。

出血が少なく安心安全、術後の経過も迅速です。ただこの方法は全ての患者さんにできるわけではなく、骨幅が広く骨の位置が把握しやすいといった条件があります。検査を通してフラップレス術式が可能かどうか判断します。

骨の少ない方の治療

これまでのインプラント治療では、骨の量が少ない方では治療が困難であるケースが多くありました。多くは骨移植・骨造成といった大掛かりな外科手術を経てからでないと、インプラントを埋入できなかったのです。

しかし現在歯科技術は大きく進歩し、骨移植などの手術を行わなくてもインプラントを埋入する方法がたくさん提案されています。

当院では多種多様なインプラントをご用意し、患者さんの負担ができる限り少なくて済むような方式をいくつも集結させています。他院では骨が少なくて治療が行えなかった方も、当院なら対応できるかもしれません。ぜひ一度ご相談ください。

医療法人 佐々木歯科医院 オッセオインプラントセンター TEL:045-881-0436
top_img08_sp.png
インプラントに関する特殊な治療法 充実した院内設備 治療料金のご案内 医院紹介 スタッフブログ SJCD TOKYO SJCD 医療法人 佐々木歯科医院 オッセオインプラントセンター